2018年の特別集会

 聴覚障害者から牧師へ

 インマヌエル今治教会の特別プログラムは、私たちがかねてから希望していた加藤久美子牧師(広島福音自由教会)に決まりました。

 インマヌエル今治教会は、聴覚障害者の方も礼拝に加わっておられ、賛美やメッセージに手話を取り入れています。私たちも赴任して丸2年(2019年現在)になりますが、一生懸命手話を勉強しながら奮闘中です。

 加藤先生は、極小未熟児として生まれたために、顎の変形と、耳が全く聞こえないという障がいを持って生まれました。高校生の時、顎の手術で入院していた時に宣教師と出会い、信仰をもたれます。そして、機を同じくして「耳が聞こえるようになる」という奇蹟的体験をされ、聴覚障害者の方々に福音を届けたいというヴィジョンを与えられました。

 加藤先生はその後、米留学中に出会った加藤望牧師と結婚され、現在は広島県で、賛美フラや手話による伝道活動を精力的になさっておられます。

 今治での特別集会は10月6日(日曜日)。聴覚障害が奇蹟的に癒やされたという加藤先生の信仰体験談のほか、賛美フラのワークショップも予定しています。もちろん、賛美やメッセージはすべて、手話も併せてお話くださることになっています。私たちも心待ちにしていますが、集会はすべてオープンですので、どなたもぜひいらしてください。お待ちしています。


 

生まれた時から聴力がなかったという加藤久美子先生。奇蹟的に聴力が回復するという体験をされ、現在は牧師として幅広く活動されています。